海と石と山の樹々にかこまれた郷「真鶴」にある、代々の暮らしを受け継いだ、築100年の住処(すみか)観音美住。
自然の中の暮らしに伝統的に備わった「和」を大切にし、その趣きある優しい和空間で、ココロとカラダを整えます。


ただ健康なカラダ、健康なココロというだけでなく
全体まるごとの健康状態=健全、を実現するために、共に考え接する場として

単なる整体院でない、「整体ラボ」を開所しました。 

名への想い

「観音」は音を観る=Sound Watchの訳語です。
Sound=身体的精神的に健全健康であること
Watch=見守る・世話をする・注意する・看護する
 
カラダの発する声を観じ、ココロも含めた、より高い健康状態へと導くことを目的としています。
世の人々の苦しみの声を聞いて救いを与える、観世音菩薩のようでありたい、との思いも込めています。
 
一人一人のクライアントのカラダの違い、ココロのあり方、環境との関係性など、全ての関わり合いの中で、単に健康なカラダ、健康なココロというだけでなく、全体まるごとの健康状態=健全、を実現する場にしたいと願います。 

 

このような考えを体系化して、誰もがわかる形で表現していきたいと思い、この場を単なる整体院でなく、laboratory (研究所)としました。 

また将来、より技術を高め、理論を追求して、日本発の根本療法として、整体を世界に広めたいという気持ちもあり、Seitaiという言葉はそのままで、英語名を付けました。 

日本名では、研究所という名称は堅苦しすぎる上、施術院としての意味合いを感じ難いため、カタカナの「ラボ」としています。 

術への想い

整体やカイロプラクティックの施術は、骨格の歪みを診断し、整える方法を特徴としますが、観音整体の術式では、直接骨を動かすのではなく、各関節の自由な動きを妨げている、緊張した筋肉や腱、靭帯などに対してアプローチしていきます。

まず軟部組織の緊張をとり、癒着した筋膜の隙間を開くことで、関節の可動域が広がり、血液や体液などの流れが、自然にカラダを巡るよう促がされます。
血管やリンパ管と共に、カラダ各部を通っている神経の走行も、和らげた筋肉の流れの間に、通り道が確保され、本来の働きができるようになっていきます。

また、カラダの不調の原因には、ココロの状態も関連していることがほとんどなので、ゆったりとリラックスできる空間で、親密なコミュニケーションをとりながら、精神的緊張をほぐしていくことが肝心となります。

カラダとココロの緊張をゆったり解除していくことで、生まれながらに備わっている、治癒システムが正常に稼働しはじめ、自然なカタチで心身のバランスが整って、その人の本質に根ざした健全な姿へと、立ち還ることができるでしょう。

場のこだわり

当ラボのある神奈川県真鶴町には、「美の基準」という独自のまちづくり条例があります。
昔ながらの港の暮らしが息づいた、等身大の美しい街の造り、それこそが生活の価値であるという、住民の意識によって作られた条例です。
その「美の基準」のあり方が、整体のカラダに対する理想の姿と通ずるところを感じ、この場でラボを開くことにしました。

ラボが入居する家は、整体ラボ所長の山﨑陽軒が生まれ育った、曽祖父以来受継がれている築100年の古民家です。
曽祖父はその昔、真鶴産の銘石、小松石の運搬を家業とし、「観音丸」という、真鶴港から石を積み出す石材運搬船を操船していました。
家の屋号としても、ご近所や石材仲間からは「観音丸さん」と、小さな町の中で親しまれていました。
その屋号をさらに現在に受け継ぎ、真鶴町で美しい暮らしを提案する住処として、2020年より観音美住(カンノビス)と名付け、ここに観音整体ラボを開所しました。
自然を大切にする町の人々の意識や、先祖代々の約まやかな暮らしぶりが、この家を通して受け継がれ、この場に集う人たちが「そのままで美しく、価値があり、親しまれる」ようにあって欲しい、という想いを込めています。

観音整体ラボは、山﨑陽軒とやまざき真由美の夫婦二人で運営しています。
整体の施術や指導を行うのは、いまのところ山﨑陽軒ひとりです。
よって、整体ラボの所長は陽軒となります。

真由美は、整体ラボに場を提供する、観音美住の代表として、
癒しの空間をプロデュースしたり、癒しグッズの企画開発をしたりしています。


観音整体ラボ所長
山﨑 陽軒/YamazakiYoken

1963年、神奈川県真鶴町生まれ。
海外留学中に、指圧やカイロプラクティックなど、各種の代替療法、自然療法を学ぶ。
帰国後、横浜で整体院・整体学院を立ち上げ、16年間で数百名の整体師の育成指導、数万人の施術を経験。全国で20院以上の新規整体院開設に関わる。
2020年、故郷の真鶴町に帰郷し、観音整体ラボを設立。整体セラピストネーム山﨑陽軒を号とする。
一人一人のクライアントのカラダの違い、ココロのあり方、環境との関係性など、全ての事柄に対して、施術の関わりの中で考え対応する。
 健康のことも含め、人間のこと、精神のこと、生命のこと、環境とのかかわりのことなど、人生を全うするために必要なことを丸ごと考える、「健全学」という大系を作り、伝え続けていきたい。

詳しくはブログにて、毎週土曜配信中。

Photograph